Nippon Medical School Graduate School of Medicine
Plastic, Reconstructive & Regenerative Surgery

〒113-8602
1-1-5 Sendagi Bunkyo Tokyo Japan

TEL 03-5814-6208
FAX 03-5685-3076

 
 

研究室の概要

東京は文京区千駄木の日本医科大学形成外科学教室には現在積極的に活動している4つの研究グループ、メカノバイオロジー・メカノセラピー研究室、瘢痕・ケロイド解析グループ、創傷治癒・分子間相互作用解析(MIR)グループ、電子顕微鏡解析グループ、があります。

研究者の情報、活動内容をご覧いただき、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。


 
主任教授 小川令
E-mail: r.ogawa@nms.ac.jp
URL: http://r-ogawa.net/r-ogawa/​
〒113-8602
東京都文京区千駄木1-1-5
日本医科大学付属病院形成外科・美容外科
電話:03-5814-6208
Fax:03-5685-3076
URL:私設HP公式HP

 

 

メカノバイオロジー・メカノセラプー研究室


外観

研究室のご案内
Japanese
English


News

*AMED-CREST(革新的先端研究開発支援事業のユニットタイプ)に、研究課題「周期的圧刺激によって制御される血管新生のシグナル伝達機構の解明-非接触超音波を用いた創傷治療法の開発をめざして-」が採択されました(http://www.amed.go.jp/koubo/010720170310_kettei_kadai03.html)。

*主任研究員小川が、ケロイドの一塩基多型解析の研究で、2011年日本創傷治癒学会研究奨励賞を受賞いたしました。

*当研究室および当院形成外科ケロイド外来の活動が、2010年日本医科大学奨学賞を受賞いたしました。

*当研究室の活動が、2009年度日本医科大学賞(研究部門)を受賞いたしました。

 

 

瘢痕・ケロイド解析グループ


   ・・・・・
 

創傷治癒・分子間相互作用解析(MIR)グループ

Molecular Interaction Research Groupでは、異なる細胞間の相互作用に焦点を当てるとともに、形成外科領域における分子生物学、分子遺伝学的アプローチによる以下の研究をしています。

  • 創傷治癒・ケロイドにおけるRNAリサーチ
  • 創傷免疫学における脂質メディエーター
  • ケロイド血管内皮細胞の機能
  • メカノバイオロジー

News

ポスドク募集 
MIR groupでは、ポスドクを募集しております。
分子生物学領域で博士号を取得されている方で、
  • RNAリサーチや免疫、脂質リサーチに興味がある
  • 医師ではないが、臨床に直結する医学研究をやってみたい
  • 海外でリサーチを行っているが、帰国を考えている
  • 育児が落ち着き、復帰を考えている女性研究者
  • 女性医師だが、育児との両立で研究だけをしたい

など、どなたでも大歓迎です。
興味のある方は、青木 (masayok@nms.ac.jp) までご連絡ください。

 

電子顕微鏡解析グループ


   ・・・・・