日本医科大学付属病院

形成外科・再建外科・美容外科

〒113-0022 東京都文京区千駄木1-1-5
TEL 03-3822-2131
FAX 03-5685-3076

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

リハビリメイク

リハビリメイク

【リハビリメイクについて】

  生まれつきのあざや手術の傷あとなどは形成外科的な治療で治すことが出来ますが、形成外科的な治療は手術やレーザーの傷あとが落ち着くまでの間時間がかかります。また治療が完成したと考えられる段階でも患者様の中には社会復帰に自信がもてない方も多くいらっしゃいます。
 そのような方に対してはメイクアップの手法を利用して傷あとをメイクし、社会への復帰を促す、すなわちリハビリテーションを行う治療法があります。「かづきれいこ」によってリハビリメイクと命名され開発された方法です。当院では2001年からリハビリメイクのための外来を設置しこのような患者様の治療を行い大変な効果をあげて参りました。この活動は広くテレビや雑誌などで取り上げられ既にご存知の方も多いことと思います。
 現在日本医科大学付属病院では毎月第四火曜日に当院非常勤講師であるかづきれいこ本人の治療を行っております。基本的に当院の患者様を対象に行っておりますのでまず午前中の一般外来を受診の上、リハビリメイクの予約をとる必要があります。また当院関連施設においてもリハビリメイクを行っておりますので、遠方よりお越しの場合などはご相談下さい。

(参照リンク:http://www.kazki.co.jp/rehabilimake/index.html