日本医科大学付属病院

形成外科・再建外科・美容外科

〒113-0022 東京都文京区千駄木1-1-5
TEL 03-3822-2131
FAX 03-5685-3076

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

手足の外科 外来

手足の外科 外来

【担当医師】
小野真平 (おのしんぺい)
●資格:医学博士 形成外科専門医
●専門分野:再建外科 四肢外科 マイクロサージャリー

【手足の外科 外来】
形成外科は全身の体表面のケガや病気を取り扱います。
私の外来では、その中でも手足(正確には上肢と下肢)を専門的に診療しています。
毎週水曜日に下記の専門外来を開設しています。
外来の詳細は下記外来名をクリックして御確認ください。
 
午前
 ●手足の機能再建外来
 
午後
 ●手足をきれいにする外来
 ●手足の先天異常外来
 
手足は想像以上に日常生活での使用頻度が高い体の部位です。普段は何気なく使っていますが、ケガや病気で日常生活に支障がでると手足の重要性を初めて自覚します。手足は狭い場所に様々な組織・器官(骨・関節・靱帯・筋肉・腱・血管・神経など)が密集しているため、治療をする医師には幅広い知識と技術が求められます。専門性が高いため、海外では内科や外科と同様に、手外科、足外科で独立している施設もあるほどです。手足は繊細且つ複雑な動きをし、体を支え、感覚も鋭敏なため、単純にキズが治ればいいというわけではなく、「痛みのない使える手足」にしないといけません。さらに、手足は顔と同様に人目に触れる機会が多い部位のため、見た目も重要です。「美しくキズの目立ちづらい治療」が求められます。
 
われわれの施設では患者さんの満足度を最優先し、
(1) より低侵襲で(患者さんの負担が少なく)
(2) より痛みが少なく
(3) よりきれい
な治療を日々追求しています。

また、手足の治療は1つの科だけではなく、複数科の強力があって初めて患者さんに満足度の高い治療を提供することができます。われわれは整形外科やリハビリテーション科と協力しながら、患者さんに良い医療を提供できるチーム作りを心がけています。

 
 【手足の外科 外来で扱っている疾患】

(1)しこり (=腫瘍:ガングリオン、巨細胞腫、脂肪腫、血管腫など)
(2)シミ・アザ(=血管腫、母斑)

色素性母斑
(複数回の手術にわけてきれいにしていきます)